「青頭巾」終焉(其の四)

>私は琴を手にして柔らかい草花が

>波打つ道を彷徨する

>おお美よ!

この王維の詩の一遍にはゲーテの「ファウスト」での一言…。

「時よとまれ!おまえは美しい!」


この言葉に受け継がれているのだろう。奇しくもゲーテと上田秋成は、
同じ時代を生きた人間だ。若干、上田秋成の方が15年ほど年上では
あるが、同じ中国の思想に触れ、それを自らの作品に反映させている
点は同じなのだろう。

自然には、エロスとタナトスが渾然一体としている。常緑樹である松
は、常に緑を保っていると思われているが、その命はいつか尽きる。
また月は日々変化しながら天空を渡るが、それは永遠的だ。

「江月照松風吹 永夜清宵何所為」の言葉に現される、永い清らかな
宵は永続的であるが、そこには目に見えぬエロスとタナトスが渾然
一体となっている。そこに気付けば、その美しさを理解できるのだと
思う。ファウスト教授の夢のような旅も、「青頭巾」で示された「江
月照松風吹 永夜清宵何所為」
という言葉も、エロスとタナトスに満
ち溢れている。

ファウスト教授は「時よとまれ!おまえは美しい!」という言葉を発
したら、悪魔であるメフィスト・フェレスに魂を奪われてしまう。

また阿闍梨もまた「江月照松風吹 永夜清宵何所為」の意味を悟り、
魂は昇華された。

つまりファウストも阿闍梨も、この世に渾然するエロスとタナトスの
融和の美を知り、その美しさに魂を奪われ「お前は美しい!」と悟っ
たのだと考える。
[PR]
by stavgozint | 2008-10-14 17:54 | 「青頭巾」
<< スズメバチ 「青頭巾」終焉(其の三) >>