カテゴリ:「宮木が塚」( 11 )

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の十一

基本的に、幻想文学者と言ってよいと思う上田秋成は「よもつ文」に、
既に亡くなっている三年ほど使えてくれた”いさ”が夢に登場して、
夢とも現実ともつかぬ文章を形成しているが、ここまで詳細に夢を
書き留めているという事は、上田秋成自身が夢の多くから、いろいろ
な影響を受けていたのかもしれない。

過去の仏教人である法然・親鸞・明恵などは結局、自らが勉強して知
った知識の一部であり、その想いが積年されて、夢として登場してい
るのを、自らの願望ではなく、リアルに観音が御立ちになってくれた
ものという自己完結で終わっている。

ここでもう一度、上田秋成の一文を示そう…。



「あな恥ずかし、愚かさのあまりには、
             かくあさはかなる夢見はすなりけり。」




これ↑は、江戸時代に既に廃れた夢信仰であり、夢を信じるという事
が、いかに恥ずかしいものかを現している文だと思う。またその逆、
「よもつ文」で”いさ”の登場した夢の文章を書き綴っているという
のは、元々上田秋成本人が夢見がちな人物であり、その自らの見る夢
において霊感を得ていたように思えてならない。

上田秋成の一連の作品には、過去の文学(源氏物語や伊勢物語)など
の一文や、伝説・逸話などが多く取り入れられている…。
[PR]
by stavgozint | 2007-12-10 06:23 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の十

聖徳太子に始まったであろう夢信仰は「日本霊異記」で幅を利かせ、
仏教人でも法然・親鸞・明恵などと、夢枕に仏様や観音様がお立ち
になり、お告げをするというもの。それを夢でありながら、それを
現実と捉え、自らの悟りにも組み入れるような風潮があった。

「源氏物語」でも、夢の話は数多く登場し、小野小町などは自らの
願いを夢に託すという歌も詠んでいた。

しかし太平の世である江戸時代に突入し、夢信仰は一般庶民にも普
及していって変化していったようた。「一富士二鷹三茄子」という
今でも有名な夢の序列?が伝わっているが、それと共に一般庶民も
読むようになった文学の影響が大きいような気がする。

江戸時代の夢が登場する文学の殆どが「夢落ちパターン」で終って
いる…というのは、いつの間にか夢はあくまでも夢であり、現実と
は違うのだよ…となってしまったようだ。

上田秋成の「よもつ文」の終わりには…。


「あな恥ずかし、愚かさのあまりには、
             かくあさはかなる夢見はすなりけり。」



という一文で締めくくられているのは、上田秋成が夢に押し流され
る事なく、それを客観的に見つめる現実感覚に優れていたのだと思
う。
[PR]
by stavgozint | 2007-12-09 20:50 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の九

法然の時代は、末法思想のど真ん中に当たる。法然は1133年~
1212年までの間生きているが、末法思想がいつから始まったとなる
と、一番強い説が1052年からだったと云われている。

その頃の社会情勢は、流行病で死骸が道路に満ち溢れ、東北で前九
年の役が起こり、疱瘡・麻疹が大流行し、寺同士の争いが絶えず、後
三年の役が起こるなど、現実そのものが末法の世となっていた。

現世を否定すれば、当時の民衆にとって熱烈に望まれるのは浄土とい
うユートピアだったのだろう。坊主達は、挙って焼身往生・入水往生が
行われたと云う。

そんな中、高僧である法然に身を委ね入水する宮木の行動は至極当然
だったのだと思う。しかし、この「宮木が塚」を書いたのは江戸の世だ。

上田秋成は、平安の世に蔓延った末法思想を江戸の世に知らしめる為
に書き綴ったのでは無く、法然を登場させる事により、法然の思想の一部
にある往生夢を、自分にダブらせて書き綴ったのでは無いのだろうか?
[PR]
by stavgozint | 2007-12-09 18:12 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の八

ところで、蛭子(ヒルコ)=恵比寿(エビス)=蛇という図式がある。

まあついでに書いてしまえば…蛭子は夜に海を渡った時に、フカに
片足を食いちぎられてしまう。それから一本足となってしまったの
が蛭子なのだが、元々蛭子と恵比寿は同一人物。

恵比寿様は、頭に烏帽子を被っているが、この三角形の前に垂れて
いる烏帽子は、元々蛇の頭を示すもの。そして片足の蛭子は、蛇も
一本足である事から、やはり同じもの。

映画「もののけ姫」でもエボシ様が山犬に片腕を食い千切られて、
やはり蛇としての存在だった。そう、蛇とは片腕片足を示すもの。

畑の中の一本足の案山子もまた、蛇と同じに片足でスズメやネズミ
を食べてしまう畑の守り神。そう、案山子もまた蛇として昔から
尊ばれたものだった。

大抵の人々を嫌う蛇を…特に女性が嫌う蛇を、遊女は守り神として
信仰した。これは凄い皮肉のようなものだと思う。

昔の女性の下着は、腰巻であった。そして昔の女性の遊びといえば、
野山に行って花摘みをしてお昼寝…。しかし昔から寝ている女性の
陰部に蛇が侵入し、死に至る事件も多かったようだ。それが川柳に
も歌われた…。

「田舎医者蛇を出したで名が高し」 


川柳に詠われるほど、頻繁に蛇は女性の陰部に侵入したらしい。

「今昔物語」でも、厠に潜み女性を付け狙う蛇の話があるように、
田舎であろうが都であろうが、とにかく女性の陰部に蛇が侵入し
死に至った話が多い事から、とにかく女性には忌み嫌われたらしい
が…遊女は、その蛇そのものを信仰した…だからか、この皮肉が
上田秋成の琴線に触れ「宮木が塚」を書き上げたのかもしれない。
[PR]
by stavgozint | 2007-10-02 20:27 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の七

ところでもう一つ、美と醜の対比のものがある。その当時、遊女は
倶尸羅の再来であると云われたらしい…。

倶尸羅とは、インドの黒ホトドギスで形は醜いが美声であるのだと。
歌女が転じて遊女となった事を踏まえると、実は歌は上手いが形は
醜い筈の遊女である宮木は、誰もが羨ましがる美人であるというのは、
「吉備津の釜」での磯良と同じ遊びのような気がする。

磯良大神は醜い神で有名なのを、敢えて上田秋成は美人として磯良
を登場させた。そしてこの「宮木が塚」でも、醜いが歌が上手い遊女で
ある宮木を、類稀なる美人として登場させている。これは、上田秋成
個人が密かに遊んでいるものだと考えてもいいのだと思うのだが…。
[PR]
by stavgozint | 2007-10-02 20:23 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の六

【百太夫伝説】

西宮の傀儡師は西宮神社に所属し、同神社の祭神である蛭児を
かたどった人形を舞わし、蛭児神信仰の功徳を宣伝しながら神社
のお札を売って回るという宗教活動に従事していた。それが夷舁の
生活であった。


漁村の和田崎(現・神戸市)の長者・百太夫が、ある日、海上を漂っ
ている光る物を見つけ、近寄ってみると十二歳ぐらいの子供であった。

その子は「私は古代の蛭児である。いまだ住む場所もなく海を漂って
いるので海岸近くに仮宮殿を建ててほしい」と頼んだ。

そこで建立されたのが西宮神社で、同神社には道薫坊という者がいて、
蛭児に仕えて気に入られた。しかし、間もなく道薫坊が死に、海の神に
祭り上げられた蛭児神を慰めることができなくなると、海が荒れ、魚介
類も獲れなくなった。

そこで、百太夫が道薫坊の人形を作って舞わすと豊漁になった為、それ
以後、百太夫はこの人形を舞わして全国巡業するようになったという。

この百太夫は死後、西宮神社境内の百太夫社に人形遣いの元祖として
祭られている。そして、淡路島に残っている伝説では、この百太夫が巡業
先の淡路島三条村(現・三原町)の娘と結ばれて生まれたのが、淡路人
形座を創設した源之丞であるという。

「古事記」では、蛭児はイザナギ・イザナミの最初の子供で、三歳まで歩け
なかった為に捨てられた子供であるが、これは見た目も気持ち悪い為でも
あったようだ。そしていつの間にか、百太夫と蛭子は同一視されたようだ。
[PR]
by stavgozint | 2007-10-02 14:00 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の五

ところで宮木は、周囲が見惚れる程の美貌を備え、それが十太兵衛の
自慢でもあったのだが、それが仇となり惣太夫に奪われてしまう。

この「宮木が塚」には、美と醜が入り乱れているのがわかる。

医師理内がいふ。「生田の森の桜色よくとも、わが長の常盤堅盤
には齢負けたりかな…。」



というセリフがあるのだが、これは木花咲耶姫と石長比売の対比だと
思う。

前半部に宮木を囲っていた十太兵衛を評する文があり…。

いまの主を十太兵衛といひて、年いまだ廿四歳とぞ。かたちよく、
立ちふるまひ静かに、文読むことを専らに、詩よく作りて、都の博士
たちにも行き交はり、誉ある人なりけり。



とまあ…年が24歳で学識高く、上品な美男子という事だ。逆に惣太夫は、
若くして死んでしまった十太兵衛に無い長寿であると比較している。


それと面白いのは、その当時の遊女は全般に百太夫を信仰していた
らしい。

更に当時、太夫という言葉自体「蔑視」を現す言葉だったらしい…。
[PR]
by stavgozint | 2007-10-02 11:33 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の四

c0105899_5534990.jpg

ところで「雨月物語(浅茅が宿)」にも宮木は登場するが、
この宮木はどこからきたのだろうか?

どうも上田秋成は、宮木を気に入って「浅茅が宿」「宮木が
塚」に宮木という女性を登場させている。

上田秋成の頭の中に浮かんだこの宮木という女性は、どこ
から来て、どうして気になったのだろうか?この宮木を、
少し考えてみる事にしよう。


いや、宮木を調べる前に、遊女に関して調べてみようと思う。
遊女で有名なのは、大阪湾と淀川水系の水運で栄えた
江口の遊女と神埼・蟹島の遊女だ。

「傀儡子記」を書き記した大江匡房は「遊女記」をも
書いている。

傀儡の場合は、男が傀儡廻しや軽業・奇術を行い、女
が売春を営んだのだという。

遊女の場合は、神社で巫女として神に仕えながら歌や
踊りを行っていたが、後に神社を去って諸国を漂泊し、
宿場や港で歌や踊りをしながら一方で性も売る様にな
ったもののようだ。

それと傀儡子から女だけで分化して歌女になったもの
が遊女にもという事らしい。
[PR]
by stavgozint | 2007-10-02 05:54 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の三

たち走り 貴き賎しき おのがどち はかれるものを

ちちのみの 父に別れて

ははそばの 母に手離れ

世の業は 多かるものを 何しかも

心にあらぬ たをや女の 操くだて

しながら鳥 猪名の湊に 寄る船の 梶枕して

浪のむた かよりかくより 玉藻なす なびきて寝れば

うれたくも 悲しくもあるか




「宮木の塚」の最後に載せてある歌の一部であるが、この
歌には遊女の不安定さが現れでている。

高級な遊女は、教養も高く「古今和歌集」には江口の遊女
として有名だった白女の歌も載っている。


命だに心に叶ふものならば 何か別れの悲しからまし

                「古今和歌集(白女)」



知識が高い遊女でありながら、その身を男に捧げるという
罪深き存在。巷の女性よりは高みに存在しながら、その身
分をまた蔑みられもした。

また「後拾遺和歌集」には、宮木という遊女の歌が載せら
れている。


津の国の難波のことか法ならぬ 

             遊びたはぶれまでとこそ聞け
               
               「後拾遺和歌集(宮木)」




この宮木の歌は「津の国の難波渡りに身すぎする妾たちの
アソビタハブレのしわざもどうして仏法にちがうものであ
りましょうか」と訳されている。

当時、末法思想が蔓延して極楽浄土を求める庶民の心には、
いかにして往生できるものか?という心があった。ところ
が、法然の教義には罪深きものこそ、往生できるというも
のだった。だからこそ、遊女達は法然の下に集まったのだ
ろう…。
[PR]
by stavgozint | 2007-10-01 22:45 | 「宮木が塚」

「春雨物語(宮木が塚)」検証 其の二

調べると、法然没後100年目に作られた善導寺本「法然上
人行状絵図」では、土佐に流罪になった法然が室津を船出す
る時、遊女が寄って来て罪業深い身を嘆いたので、法然が教
化した。その後遊女は上人の教えの通り、遊女をやめて念仏
往生したという話が描かれているらしい…。

どうやら、上田秋成の「宮木の塚」は、この「法然上人行状
絵図」が下敷きになっているようだ。

遊女というものは、当初罪悪視されず”身を犠牲にして男に
奉仕する美しい女”という見方が一般的だったらしい。これ
は、男達からの視点で遊女を「観音」「菩薩」と見てとった
為のようだ。

そういえば法然の弟子の親鸞は、夢の中で観音が女性の姿と
なり、親鸞と交わったという夢の話があるけれど、幸せを導
く遊女は当時、庶民にとってまさに観音様だったのだろう…。
[PR]
by stavgozint | 2007-10-01 22:30 | 「宮木が塚」