<   2008年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「青頭巾」序章5

また「身に墨衣の破たるを穿て…。」とある。この姿をイメージすれば、
大抵の場合”乞食坊主”?というイメージを、大抵の人が思い浮かべ
るのかもしれない。

かろうじて坊さんの姿をしてはいるが、その身なりから、どれだけの人
が、徳の高い坊さんという意識を持つだろう。

死者の供養は、平安末期に浄土宗の坊さんが死体を前に手を合わせた
事から始まったのだという。それまでは、死体は穢れの元でもあったので、
誰も供養するという意識は無かったようだ。

時代が進み、いつの間にか葬式という概念が庶民に広がり、葬式をする
事によって寺へ収入が広く入るようになったのだった。

しかし天下が統一され太平の世が訪れて豊かになったのか、坊主どもは
更なる豊かさを求め、葬式の後の忌明け四十九日の他に、初七日や一周
忌、お盆の法要などなど、沢山の法要をくみ入れ、寺の収入の安定期に
入ったのが江戸時代だ。

豊かになれば、坊主であろうが慢心はするようで、この頃になり遊郭の
他に高価な男娼というのも現れ、一般の庶民は遊郭で遊び、お金がある
坊さんなどは、その高価な男娼を買うという時代でもあった。

お釈迦様は、それこそボロボロの雑巾のような衣を纏っていたという。
そして食べ物を恵んでもらえる鉢を手にしていた。根源的な坊さんの姿
とは、衣と鉢だけの姿だった…。

「衣鉢を継ぐ」とは、お釈迦様のその持ち物を、死んだらその弟子が受
け継ぐものとしてあり、本来の意味はこういうものだった。

ボロボロの衣の汚い褐色の事をインドの言葉で「カシャーシャ」。これ
が漢訳されて「袈裟」となったのだという。ところが時代が進み、坊さ
んが経済的に豊かになった為か、本来は汚いものであった「袈裟」が、
いつの間にか豪華絢爛たる衣に移り変わっていった。

「青頭巾」の最後の方に、鬼となった阿闍梨に青頭巾を被せるシーンが
ある。これは快庵禅師の破れたボロボロの墨のような衣の姿を、根源的
仏教本来の姿とし、身に着けていた青頭巾を阿闍梨に預けた事により、
”衣鉢を継ぐ”という意味へと通じさせたのではないだろうか?
[PR]
by stavgozint | 2008-04-25 19:16 | 「青頭巾」

「青頭巾」序章4

あるじ山枴をとりて走り出で、外の方を見るに、年紀五旬にちかき老僧の、
頭に紺染の巾を帔き、身に墨衣の破たるを穿て、裹たる物を背におひたる
が、杖をもてさしまねき、「檀越なに事にてかばかり備へ給ふや…。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


快庵禅師が被っていた紺染めの頭巾が、題名の「青頭巾」となっている。
染物といえば、日本の殆どが藍染めだった…。

小泉八雲が日本に訪れた時、この藍染めの多さに気付き、一旦母国へ
帰った時に日本の訪問日記を公開し藍染を「ジャパニーズブルー」と紹介
し、現在でも「ジャパニーズブルー」と世界に認知されているのが藍染の
青となっている。

この上田秋成の「青頭巾」という題名は、果たしてどういう意図を持って
の「青頭巾」なのか?と考える必要がある気がする。。。。
[PR]
by stavgozint | 2008-04-25 12:20 | 「青頭巾」

「青頭巾」序章3

田畑よりかへる男等、黄昏にこの僧の立てるを見て、大きに怕れ
るさまして、「山の鬼こそ来りたれ。人みな出でよ。」と呼びの
のしる。家の内にも騒ぎたち、女童は泣きさけび展転びて住隈ぐ
まに竄る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黄昏時は「誰ぞ彼」時でもあり、薄暗くなり相手の顔がよくわか
らない時間帯だ。別名「逢魔時」とも云う。要は、魔と遭遇する
時間帯だ。

ところで黄昏時は薄暗く、相手の顔が分からない。なので昔は、
よそ者に対する警戒心などもかなりあった為だろうか、その不審
と思われる人間に声をかけたのだという。


「おばんでがんす(こんばんわ)」


と声をかけたら、その声を返して


「おばんでがんす。」


と返す。

この言葉が返ってくるから、言葉をかけた方も安心したのだと
いう。この同じ言葉が返ってくるから、同じ仲間だと思うのだ
ろう。ただ…。

「もしもし」


と「もし」という言葉を2つかけても…。


「もし…。」

と、一つだけ返ってくる場合は、妖怪であるという疑いをかけ
られたのだと。


時代が時代な為、挨拶という言葉を返さないという事は、単な
るよそ者というだけでなく、妖怪では?という不信感と恐怖感
を与えるという事にもなってしまう。

つまり黄昏時の挨拶とは、相手を見分ける手段であり、挨拶を
返すとは、その相手に安心感を与える自己主張でもあったようだ。

とにかく快庵禅師が里に現れたのが黄昏時であり、ましてや里の
上にある山の住職が鬼となった状況下、快庵禅師が鬼と間違えら
れたのは仕方ない事だった。
[PR]
by stavgozint | 2008-04-23 14:46 | 「青頭巾」

「青頭巾」序章2

序文は、快庵禅師のプロフィールから始まっている。快庵禅師は
禅師というから、曹洞宗なのだろう。他に臨済宗もあるが…。

「雲水にまかせる。」というのは、諸国を修行する托鉢僧の意に
加え、行脚・遍歴そのものの意に用いるのだと。

とにかく奥羽行く途中、下野の国に立ち寄って、ひとつの事件に
でくわす快庵禅師だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

富田といふ里にて日入りはてぬれば、大きなる家の賑は
はしげなるに立ち寄りて一宿をもとめ給ふに…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日本において、仏教は守護されていた。なので快庵禅師のような
修行僧を向かいいれる家はあったようで、文中に登場する大きな
屋敷は裕福なので、その役割を担っていたようである。

ところでこの後、快庵禅師はこの家の主人を「檀越」と呼んでい
るが、この「檀越」は「檀家」と同じ。

「ダン」をサンスクリッド語に訳すと「Dana」と読み「布施」
という意味になる。この「Dana」に漢字をあてると「陀那」と
書くのだと。それがいつしか漢字の「檀」があてられ、「檀」は
「布施」という意味であり、布施をする者の名義となって「旦那・
檀那」の名が起こったのだという。

つまり…僧が「旦那」や「檀家」「檀越」と呼ぶのは、この時既に
「お布施」をくれと言っているようなもの?(^^;

実際、快庵禅師はこの屋敷に無料でお世話になる事になるので
「お布施」を頂いたという事になるのだろう(^^;
[PR]
by stavgozint | 2008-04-23 14:01 | 「青頭巾」

青頭巾(序章)

c0105899_1750586.jpg

むかし快庵禅師といふ大徳の聖おはしましけり。総角より教外の旨を
あきらめ給ひて、常に身を雲水にまかせたまふ。

美濃の国の龍泰寺に一夏を満たしめ、此の秋は奥羽のかたに住むと
て、旅立ち給ふ。

[PR]
by stavgozint | 2008-04-22 18:41 | 「青頭巾」

せせらぎ

c0105899_11234689.jpg

せせらぎの 水ゆるみたる 春日向 心に流れ 安らぎしゆく 
[PR]
by stavgozint | 2008-04-22 14:08 | 遠野の春

夕暮れの桜(赤は赤に死す)

c0105899_15415048.jpg

春桜 赤々なりし 夕暮れは うす桃色を 殺して染めぬ
[PR]
by stavgozint | 2008-04-21 15:53 | 遠野の桜

カタクリの花

c0105899_13554868.jpg

春の日の ひざしまぶしく 恥じらうは うつむく色香 かたくりの花
[PR]
by stavgozint | 2008-04-20 13:58 | 遠野の春

ブナの森

c0105899_11161769.jpg


たゆまなき生を与えしブナの森春はじまりて命ふたたび
[PR]
by stavgozint | 2008-04-20 11:17 | 遠野の春

輝く瞳

c0105899_17384930.jpg

暗闇に 人の耳には 聞こええぬ 音を聞きわけ 輝く瞳
[PR]
by stavgozint | 2008-04-16 19:49 | 遠野の生き物達