<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「青頭巾」展開部其の四

夜更けて月の夜にあらたまりぬ。影玲瓏としていたらぬ隈もなし。
子ひとつとおもふ此、あるじの僧眠蔵を出でて、あわただしく物
を討ぬ。たづね得ずして大いに叫び、「禿驢いづくに隠れけん。
ここもとにこそありつれ」と…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

月の出と共に、阿闍梨は鬼に変貌した。ここをどう捉えるかだ。
月に関する伝承は、古今東西に広がりを見せる。


*月の軌道が狂ったのだ。いつもよりずっと地球に近づいたので、
 人間どもが狂いだしたのさ。   シェイクスピア「オセロー」

*魔物に憑かれて生じる精神錯乱。怏々として楽しまない鬱病。
 月にうたれて生ずる狂気…。      ミルトン「失楽園」


月が、人の狂気を導き出すものと信じられていた。「竹取物語」でも、
「月の顔を見るのは忌むべきことだ。」とある。つまり、平安の世で
は、月を眺めるのは不吉だという意識があったのだろう。何故かと言
うと、それは人間としての”死”をもたらすものという意識がある為
だったのだろう。

岩手の俗信に「月の光を浴びながら寝ると、寿命が縮まる。」という
のがある。月の光が、なんらかの影響を人間に与えているものという
意識はずっと伝えられてきたのかもしれない。

今では殆ど見られなくなったが、大正時代までは欧米のハロウィンの
ように子供らが近所の家々を回って供え物などを貰い歩くという風習
もあったというのは、もしかしてキリスト文化が日本国に混入されて
いた為なのかもしれない。

そして思う…もしかしてこれは日本版「禿山の一夜」だったのではな
いのか?
[PR]
by stavgozint | 2008-07-31 20:05 | 「青頭巾」

「青頭巾」展開部其の三

看る看る日は入り果てて、宵闇の夜のいとくらきに、燈を
点けざればまのあたりさへわからぬに、只澗水の音ぞち
かく聞ゆ。あるじの僧も眠蔵に入りて音なし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところが闇が周囲を覆いつくしても、阿闍梨の変化は無い。
ただ水の音だけが響くという、ある意味不気味な間を作り
上げている。
[PR]
by stavgozint | 2008-07-31 20:02 | 「青頭巾」

「青頭巾」展開部其の二

日の影申にたかぶく此、快庵禅師寺に入りて錫を鳴らし給ひ、
「遍参の僧、今夜ばかりの宿をかし給へ」と、あまたたび叫べ
どもさらに応えなし。眠蔵より痩せ槁れたる僧の漸々とあゆみ
出で、咳びたる声して、「御僧は何地へ通るとてここに来るや。
此の寺はさる由縁ありてかく荒れはて、人も住まぬ野らとなり
しかば、一粒の斎糧もなく、一宿をかすべきはかりごともなし。
はやく里へ出でよ」といふ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここの文章を読む限り、阿闍梨に人としての躊躇いがあるのが
わかる。しかし人間らしさも、ここまでだ。 つまり阿闍梨は、半分
人間であり、半分が鬼だという事がわかる。ここで先述した二十
三夜という半分死に半分生きている月の存在が重要になるかも
しれない。
[PR]
by stavgozint | 2008-07-31 19:57 | 「青頭巾」

緑の霧

c0105899_13225924.jpg

音もなく森の緑は霧にとけ なにごともなくただながれされり
[PR]
by stavgozint | 2008-07-27 13:23 | 遠野幻想

紫の宝石

c0105899_184538.jpg

紫陽花の花つみとりてこのきらめきは君の手をとりその指にこそ
[PR]
by stavgozint | 2008-07-23 18:14 | 遠野の花

「青頭巾」展開部其の一

山院人とどまらねば、楼門は荊棘おひかかり、経閣もむなしく苔蒸しぬ。
蜘網をむすびて諸仏を繋ぎ、燕子の糞護摩の牀をうづみ、方丈廊房すべ
て物すざましく荒れはてぬ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから快庵禅師は、阿闍梨のいる寺に辿り着いた。阿闍梨が鬼となっ
て、寺の荒れようを表しているのだが「蜘網をむすびて諸仏を繋ぎ、」
という表現に心を惹かれてしまった…。

いろいろな小説を読むと、蜘蛛の巣を張っている情景描写がよくあるが、
大抵の場合、蜘蛛の巣が張られる事により、不気味さを醸し出す表現が
殆どの気がする。しかし、この上田秋成の表現は、今までの蜘蛛の巣の
表現を打ち払うかのように美しさを感じる…。
[PR]
by stavgozint | 2008-07-23 12:35 | 「青頭巾」

「青頭巾」序章14

>山里のやどり貝鐘も聞えず。廿日あまりの月も出でて、古戸の間に
>洩たるに、夜の深きをもしりて、「いざ休ませ給へ」とて、おのれ
>も臥所に入りぬ。


貝鐘も聞こえずというのは、鬼となった阿闍梨のいる寺で吹き鳴らす
貝や鐘が聞こえぬというのは、仏のおらぬ闇の世界と訳してもいいの
だろう。何故ならこの後に「廿日あまりの月も出でて」とあるからだ。

平安の世は、それこそ太陰暦を採用していたので、新月から始まり晦
まで、事細かに月の形を示している。平安の世での月は重要なもので
あり、「十六夜月」「居待月」「寝待月」などの趣きある呼び名も使
われた事から、月に対する想いを感じる。

ところで古代、太陽は東から昇り(生まれ)西へと沈む(死ぬ)とい
う概念がある通り、月にもまた満ち欠けにより、命の推移があったよ
うだ。

廿日あまりの月とは、多分二十三夜月で、半月。半分満ち、半分き影
にとなっている形。要は半分生きて、半分死んでいる状態が二十三夜
月だ。

ところで江戸時代には、盛んに二十三夜講という月待ち行事が行われ
た。

月待行事とは、十五夜、十六夜、十九夜、二十二夜、二十三夜などの
特定の月齢の夜、「講中」と称する仲間が集まり、飲食を共にした後、
経などを唱えて月を拝み、悪霊を追い払うという宗教行事だ。

二十三夜月には広く伝わる俗信があり、その生きているか死んでいる
か、どちらともとれない不安定な二十三夜月の明かりに映る影に、首
が無いと死期が近いと云われている。

その二十三夜月の明かりが古戸の間から漏れて、快庵禅師は夜の深さ、
闇の深さを知る。明日は快庵禅師自らが、阿闍梨の寺へと行く覚悟を
感じる文章である。なので快庵禅師は「いざ休ませ給へ」口に出して
述べて眠るというのは、この前の不安を醸し出す「廿日あまりの月」
にかかっているのだと思う。
[PR]
by stavgozint | 2008-07-22 21:20 | 「青頭巾」

淡き紫

c0105899_20194191.jpg

紫陽花のひそやかなりし紫は 淡き想いをただ伝えけり
[PR]
by stavgozint | 2008-07-22 20:20 | 遠野の花