<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「冬の山桜」

c0105899_952745.jpg

冬の夜 花は咲かねど 山桜  吹雪まとうは 春の幻惑
[PR]
by stavgozint | 2009-01-16 09:11 | 遠野の桜

「浅茅が宿(序章其の二)」

>下総の国葛餝郡真間の郷に、勝四郎といふ男ありけり。

出だしのこの文から、既にラストの真間の手児名の伝説に結び付く
のだぞと言っているかのようである。

ところで、ある者はこの「浅茅が宿」を「遠野物語」に登場する、山中
に現れるマヨヒガの如しと言う。しかし、あくまでこの「浅茅が宿」は
「マヨヒガ」の後に裕福になる話とは違い、暗く悲しい。

上田秋成の晩年に書かれた「目ひとつの神」は、秋成自らが片目を
失って書かれた本でありながら、どこか明るさを醸し出している。
しかし「雨月物語」の「浅茅が宿」を含む全般の雰囲気は陰に篭っ
た暗さが滲み出ている。つまり、片目を失って「目ひとつの神」を
書くという上田秋成という存在は、作品にその時の感情や事象など
が投影されているものと考える。

「菊花の約」では約束を遂げる為に自害し、魂だけを運ぶ姿がそこ
にあった。しかしあくまでも魂だけの存在であった為、その姿は儚
く消えてしまい、残ったのは悲しみだけとなる。

また「浅茅が宿」でも、霊体となった妻の姿と一夜を過ごすが、夜
明けに残ったのは、儚さだけだった。

この時期、上田秋成は医学を学び、医者としても生きていた。その
当時の医療は、現代医療と比較すれば、民間医療に毛の生えた
程度だったと想像できる。つまり、より多くの人の死に接してきたの
ではないだろうか?医者としてできるのは、薬の調合と、せめても
の希望の持てる慰みの言葉だけ。

医者としての仕事に付随する、人々の生き死に。目の前に繰り返
される人々の儚い生き様が作品に投影されたのが「雨月物語」で
はないだろうか?
[PR]
by stavgozint | 2009-01-15 08:35 | 「浅茅が宿」

「浅茅が宿(序章)」

c0105899_17551345.jpg


下総の国葛餝郡真間の郷に、勝四郎といふ男ありけり。祖父より
旧しくここに住み、田畠あまた主づきて家豊に暮しけるけが、生
長りて物にかかはらぬ性より、農作をうたてき物に厭ひけるまま
に、はた家貧しくなりにけり。

さるほどに親族おほくにも疎んじられけるを、朽をしきことに思
ひしみて、いかにもして家を興しなんものをと左右にはかりける。

足利染の絹を交易するために、年々京よりくだりけるけが、此の
郷に氏族のありけるを屡来訪ひしかば、かねてより親しかりける
ままに、商人となりて京にまうのぼらんことを頼みしに、雀部い
とやすく肯ひて、「いつの此はまかるべし」と聞えける。他がた
のもしきをよろこびて、残る田をも販りつくして金に代へ、絹素
あまた買積みて、京にゆく日をもよほしける。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この「浅茅が宿」は「愛卿伝」を基にして、夫婦の別れや妻の自
殺などの筋を借りて「今昔物語(巻第二十七)」が参照され、さら
に題名その他に「源氏物語」の影響を受けているのだという。

「浅茅が宿」という語は「徒然草」の百三十七段に「長き夜をひ
とり明かし、遠き雲井を思ひやり、浅茅が宿に昔を偲ぶ…。」と
あるのが最初のようだ。

写真はイメージで、遠野の茅葺屋根の廃屋
[PR]
by stavgozint | 2009-01-03 17:58