紫の宝石

c0105899_184538.jpg

紫陽花の花つみとりてこのきらめきは君の手をとりその指にこそ
[PR]
# by stavgozint | 2008-07-23 18:14 | 遠野の花

「青頭巾」展開部其の一

山院人とどまらねば、楼門は荊棘おひかかり、経閣もむなしく苔蒸しぬ。
蜘網をむすびて諸仏を繋ぎ、燕子の糞護摩の牀をうづみ、方丈廊房すべ
て物すざましく荒れはてぬ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから快庵禅師は、阿闍梨のいる寺に辿り着いた。阿闍梨が鬼となっ
て、寺の荒れようを表しているのだが「蜘網をむすびて諸仏を繋ぎ、」
という表現に心を惹かれてしまった…。

いろいろな小説を読むと、蜘蛛の巣を張っている情景描写がよくあるが、
大抵の場合、蜘蛛の巣が張られる事により、不気味さを醸し出す表現が
殆どの気がする。しかし、この上田秋成の表現は、今までの蜘蛛の巣の
表現を打ち払うかのように美しさを感じる…。
[PR]
# by stavgozint | 2008-07-23 12:35 | 「青頭巾」

「青頭巾」序章14

>山里のやどり貝鐘も聞えず。廿日あまりの月も出でて、古戸の間に
>洩たるに、夜の深きをもしりて、「いざ休ませ給へ」とて、おのれ
>も臥所に入りぬ。


貝鐘も聞こえずというのは、鬼となった阿闍梨のいる寺で吹き鳴らす
貝や鐘が聞こえぬというのは、仏のおらぬ闇の世界と訳してもいいの
だろう。何故ならこの後に「廿日あまりの月も出でて」とあるからだ。

平安の世は、それこそ太陰暦を採用していたので、新月から始まり晦
まで、事細かに月の形を示している。平安の世での月は重要なもので
あり、「十六夜月」「居待月」「寝待月」などの趣きある呼び名も使
われた事から、月に対する想いを感じる。

ところで古代、太陽は東から昇り(生まれ)西へと沈む(死ぬ)とい
う概念がある通り、月にもまた満ち欠けにより、命の推移があったよ
うだ。

廿日あまりの月とは、多分二十三夜月で、半月。半分満ち、半分き影
にとなっている形。要は半分生きて、半分死んでいる状態が二十三夜
月だ。

ところで江戸時代には、盛んに二十三夜講という月待ち行事が行われ
た。

月待行事とは、十五夜、十六夜、十九夜、二十二夜、二十三夜などの
特定の月齢の夜、「講中」と称する仲間が集まり、飲食を共にした後、
経などを唱えて月を拝み、悪霊を追い払うという宗教行事だ。

二十三夜月には広く伝わる俗信があり、その生きているか死んでいる
か、どちらともとれない不安定な二十三夜月の明かりに映る影に、首
が無いと死期が近いと云われている。

その二十三夜月の明かりが古戸の間から漏れて、快庵禅師は夜の深さ、
闇の深さを知る。明日は快庵禅師自らが、阿闍梨の寺へと行く覚悟を
感じる文章である。なので快庵禅師は「いざ休ませ給へ」口に出して
述べて眠るというのは、この前の不安を醸し出す「廿日あまりの月」
にかかっているのだと思う。
[PR]
# by stavgozint | 2008-07-22 21:20 | 「青頭巾」

淡き紫

c0105899_20194191.jpg

紫陽花のひそやかなりし紫は 淡き想いをただ伝えけり
[PR]
# by stavgozint | 2008-07-22 20:20 | 遠野の花

「青頭巾」序章13

さるにてもかの僧の鬼になりつるこそ、過去の因縁にてぞあらめ。
そも平生の行徳のかしこかりしは、仏につかふる事に志誠を尽せし
なれば、其の童児をやしなはざらましかば、あはれよき法師なるべ
きものを。

一たび愛慾の迷路に入りて、無明の業火の熾なるより鬼と化したる
も、ひとへに直くたくましき性のなす所なるぞかし。

『心放せば妖魔となり、収むる則は仏果を得る』とは、此法師がた
めしなりける。老衲もしこの鬼を教化して本源の心にかへらしめな
ば、こよひの饗の報いともなりなんかし」と、たふときこころざし
を発し給ふ。

莊主頭を畳に摺りて、「御僧この事をなし給はば、此の國の人は淨
土にうまれ出でたるがごとし」と、涙を流してよろこびけり。山里
のやどり貝鐘も聞えず。廿日あまりの月も出でて、古戸の間に洩た
るに、夜の深きをもしりて、「いざ休ませ給へ」とて、おのれも臥
所に入りぬ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>無明の業火

永く身を苦しめる煩悩の炎であって、無明とは希望無き明りとでも
訳するのだろうか。無明とか無常、無情など「無」が付く漢字は、
通常の意味に相反する場合が多い。

ただ無心となると、心は邪なものを考える?ので、無の心は邪心の
無いものと、やはり逆になってしまうのか。。。

つまり人間の常と相反してしまった為に、阿闍梨は鬼となった。

そしてその鬼となった根底には阿闍梨の強い心があった。

>ひとへに直くたくましき性のなす所なるぞかし。

この訳には、自分が読んでいる「新潮日本古典集成」では…。

*「本気で強気な性質。「直く」は、古代人に憧れた秋成が、常に
  理想とした性格である。」
とある。

古代人に憧れた秋成というものを、自分はわかっていない。それだ
け全ての作品を読み切っていないという証拠だ。しかしこの「青頭
巾」において、無明の業火に焼かれつつも、阿闍梨が強い心を持っ
て鬼となった事を、秋成は憧れていたのだろうか?ここが謎である。

>『心放せば妖魔となり、収むる則は仏果を得る』

心を欲望のまま開放すれば、妖魔となってしまう。人間であれば、
その欲望を開放せずに、押さえ込もうという力が働くものだと言っ
ているようなものだが、先程の”無明”では無いが、相反する事柄
の場合、その人なりの力を要するものだ。つまり”無明”とは、永
く身を苦しめる煩悩の業火なのだが、その身を苦しめる場所に身を
投げ出す行為そのものが秋成にとっての憧れた力だったのだろうか?

実は、たんたんと物語が進む中にちりばめられた、上田秋成の謎が
潜んでいる。いったい上田秋成は、どういう心情でこの「青頭巾」
を書き上げたのだろう?
[PR]
# by stavgozint | 2008-06-29 20:18 | 「青頭巾」

「蛇性の淫」決(補足)

* 補足

真女児(まなこ)という名の発生は"愛子(まなこ)"からきているのだという。
なので「蛇性の淫」は真女児の、恐ろしくも悲しい愛の深さを現した物語
だったのだと思う…。
[PR]
# by stavgozint | 2008-06-25 20:05 | 「蛇性の淫」

「青頭巾」序章12

>されどこれらは皆女子にて、男たるもののかかるためしを聞かず。
>凡そ女の性の慳しきには、さる淺ましき鬼にも化するなり。



こういう話の殆どは女であって、男のこのような話を聞いた事が無い。
女の性格の貪欲さは、浅ましい物の怪によく化けるものである…みた
いな訳になるのかもしれない。

ところで「吉備津の釜」の初めにも「女の慳しき性を募らしめて…。」
とあり、秋成は女の慳しさを書き記している。女性とは卑しいものだ?
という観念は、秋成だけでなく、時代の観念として根付いていたのか
もしれない。

実は平安時代の「徒然草」107段でも吉田兼好は、痛烈な女性批判
を書き記している。

「女の性は皆ひがめり。人我の相深く、貪欲甚だしく、物の理を知ら
 ず、ただ迷ひの方に心もはやく移り、詞も巧みに、苦しからぬ事を
 も問ふ時は言わず…。」


しかし平安時代である「徒然草」から、江戸時代の「雨月物語」の間、
女性蔑視の観念は続いていたのだろう。これは一部の例ではあるけれ
ど、文章の中で言い切ってしまうというのは、時代は変れど女性に対
する意識は変らないままだったのだろう。

江戸時代には「怪談」も盛んになり「四谷怪談」やら「累が淵」
ど男に裏切られ、幽霊となって復讐する話が全盛となる。これの元と
なるのは、昔から伝わる女性に対する意識だ。

例えば「夕鶴」で女が「決して機を織っている姿を見ないでください。」
という言葉に反し覗いてしまう男というのは、男は約束を破る存在で
あり、女はいつも本性を隠している存在だという事。

更に遡れば「古事記」に於いて、イザナミが「決して見ないでください。」
という言葉に反して、イザナギは、まだ体が再生していないイザナミの
醜い姿を見てしまう。

とにかく古代から、女は恐ろしい本性を隠している存在であり、男はタ
ブーを破る存在だと言われ続けたのだろう。

これほどまで女が恐ろしい本性を隠していると思われたのには、妊娠の
問題があった。人間の男と結ばれれば、人間の子供を産み、その子を守
り続けるのが女の性でもあった。しかし昔は、女とは何と交わるかわか
らない不安があった…。

妊娠のシステムが解明されていない昔、例えば犬と交われば犬の子を
産み、蛇と交われば蛇の子を産むのが女だと思われた。

昔の日本では、女人禁制の山が全国に沢山あった。その理由は様々ある
が、その中には女を魔物から守るというのもあった。山は異界であり、
何が棲むのかわからない恐ろしい空間が山であった。その山に女が迷い
込めば、魔物に襲われ犯されてしまうという不安。人間でない子を産む
という女は、その時点で人間では無くなってしまう。魔物の子であれ、
女にとっては我が子。我が子を守る女は、人間では無くなってしまうの
だった。

魔と交わる可能性のある女は、半分人間であり、半分魔物という意識も
あったようだ。なので、吉田兼好も上田秋成も、女性に対して辛辣な言
葉を投げかけているというのは、迷信がまだ蔓延っている時代という事
を現している。
[PR]
# by stavgozint | 2008-06-25 14:37 | 「青頭巾」

「青頭巾」序章11

世には不可思議な事もあるものかな。凡そ人とうまれて、仏菩薩の教えの
広大なるをもしらず、愚なるまま、慳しきままに世を終るものは、其愛慾
邪念の業障に攬れて、或は故の形をあらはして恚を報ひ、或は鬼となり蟒
となりて祟りをなすためし、往古より今にいたるまで算ふるに尽しがたし。
又人活ながらにして鬼に化するもあり。楚王の宮人は蛇となり。王含が母
は夜叉となり、呉生が妻は蛾となる。

又いにしへある僧卑しき家に旅寢せしに、其夜雨風はげしく、燈さへなき
わびしさにいも寢られぬを、夜ふけて羊の鳴こゑの聞えけるが、頃刻して
僧のねふりをうかがひてしきりに齅ものあり、僧異しと見て、枕におきた
る禪杖をもてつよく撃ければ、大きに叫んでそこにたふる。この音に主の
嫗なるもの燈を照し來るに見れば、若き女の打たふれてぞありける。

嫗泣くなく命を乞ふ。いかがせん。捨てて其家を出しが、其ののち又たよ
りにつきて其の里を過しに、田中に人多く集ひてものを見る。僧も立ちよ
りて『何なるぞ』と尋ねしに、里人いふ『鬼に化したる女を捉へて、今土
に瘞むなりとかたりしとなり。』とかたりしとなり。

されどこれらは皆女子にて、男たるもののかかるためしを聞かず。凡そ女
の性の慳しきには、さる淺ましき鬼にも化するなり。又男子にも隨の煬帝
の臣家に麻叔謀といふもの、小兒の肉を嗜好て、潛に民の小兒を偸み、こ
れを蒸て喫ひしもあなれど、是は淺ましき夷心にて、主のかたり給ふとは
異なり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>凡そ人とうまれて、仏菩薩の教えの広大なるをもしらず、
>愚なるまま、慳しきままに世を終るものは…。



これはある意味、宗教の宣伝のようでもある。宗教勧誘の常套句に
「地獄に堕ちる」というものがある。信心深くなり、仏教に帰依し
なさいという事。これは現代の信仰宗教の勧誘でもよく使われるパ
ターンだ。

日本の文化としての仏教…お盆や、彼岸。または1回忌~という先
祖を供養する文化は誇るべき日本の文化だとは思うが、これには多
大なお金もかかるのが事実。本来の精神性とはかけ離れている気が…。

またよく「先祖を供養しないでいたから罰が当たった。」という話。
例えば、墓掃除をあまりしなかった為に、家で不幸な出来事が相次
ぐというもの。個人的に言わせて貰えば、其の程度でこの世に生き
ている者達に祟りや罰を与える先祖など要らない!と思うのだが…(^^;
[PR]
# by stavgozint | 2008-06-22 14:20 | 「青頭巾」

「青頭巾」序章10

>其の肉の腐り爛るるを吝みて、肉を吸ひ骨を嘗めて、はた喫ひつくしぬ。

これは単純に、愛したものの死肉を食ってしまった事から、残虐な鬼に
変ってしまったと解釈していいのだろうか?

文化的食人と、言ってよいものかどうか…。ただ「食人」の持つ思想的な
意味は二つあるという。一つは、故人の持つ魂や能力を身に付ける為に、
自分の持ち得ない能力、もしくは自分より優れた人物を食らう事により、
その人物の知識や経験を受け継ごうとする思想。

もう一つは、敵を殺した場合は、その脳味噌を食べるというもの。これは、
古代の中国では、魂は脳に宿るものとしたので、その死者が復活しない
ように、脳味噌を食らったのだそうな。

北京原人にも、ネアンデルタール人にも、頭蓋骨に穴が開けられた痕が
あり、どうも原始的な文化には脳味噌を食らう風習があったのだと伝えら
れる。

ところで日本語で言うところの「頭」とは、元々天の霊(あまのたま)と
いう意味から、神が降臨した場所を現す。故に人間とは、神の意思に委ね
られているのだという考えが、かってあった。つまり頭であり、脳を食ら
うという事は、故人の魂を食らう事だ。

「魂」という漢字には「二」に「厶」を足し「鬼」が加わって「魂」とな
る。「二」は「二つ」を現し、「厶」は「私的」であり「わからない様」
でもあり、そして「よこしま」という意もある。その曖昧な私的な存在に
鬼が加わって「魂」となるというものは、元々魂とは、何にでも変化する
人の存在の恐ろしさを現しているのかもしれない。

また「二」と「厶」の左に「人」を足すと「伝」という漢字になる。解釈
をすれば「自ら広める」という意味になるのだろうか?どちらかというと、
能動的で「陽」の雰囲気が漂い、逆に「魂」はいろいろ影響を受けそうな
受動的で「陰」の雰囲気だ。

梅図かずおの漫画に「神の左手悪魔の右手」というものがあるが、まさに
「二」+「厶」 という漢字の右に「鬼」という漢字が付くか、左に「人」
という漢字が付くかで、その訴える雰囲気は、まったく変わってしまう。

もしかして阿闍梨は、愛する者を食らう事により、魂の昇華を求めたのだ
が、バランスが偏り狂った為に自己のアイデンティティーが崩壊し「鬼」
となったのかもしれない。それだけ人を食らうという行為は恐ろしいもの
だ。

菅江真澄が天明の大飢饉に喘ぐ陸奥の国を歩く中で出会った乞食の
言葉には、東北の殺生罪業観が浸透していた事が伺える。

真澄の前にいた乞食は、飢饉で死んだ人々の前で涙を流しながら、自分
は人や馬を食って、辛うじて生き永らえていると言った。真澄は乞食に人
や馬を食べたのは本当かと問う。すると乞食は、こう答えた。

「人も食べ侍りしが、耳鼻は、いとよく侍りき。馬を搗て餅としてけるは、
たぐひなう、美味く侍る。しかはあれど、あらぬくひものなれば、ふかく
ひめて露、人に語らず侍るは、今に至りても、あな来たなとて、つふね
(下男)、やたこ(奴)にもめし給ふ人なれば、男女なべて、隠し侍る。
たうときかたにまうで侍る旅人、出家は、改悔懺悔して、罪も滅びなん
と思ひ、ありしままにもらし侍る。」



上田秋成の時代、平和な世のイメージもあるのだが、江戸には四大飢饉と
いうものがあり、上田秋成の耳にも、その人を食らうまでなった悲惨な飢
饉の話が届いていたのだと思う。宗教さえも届かない、人を食らうまでな
る飢饉の悲惨さの意識が、もしかしてこの「青頭巾」の中にも盛り込まれ
ていのかもしれない。
[PR]
# by stavgozint | 2008-06-17 23:09 | 「青頭巾」

「青頭巾」序章9

国府の典薬のおもだたしきをまで迎へ給へども、其のしるしもなく、終に
むなしくなりぬ。ふところの壁をうばはれ、挿頭の花を嵐にさそわれしお
もひ、泣くに涙なく、叫ぶに声なく、あまりに、歎かせたまふままに、火
に焼き、土に葬る事をもせで、瞼に瞼をもたせ、手に手をとりくみて、日
を経給ふが、終に心神みだれ、生きてありし日に違はず戯れつつも、其の
肉の腐り爛るるを吝みて、肉を吸ひ骨を嘗めて、はた喫ひつくしぬ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>ふところの壁をうばはれ

ここは懐の玉壁と訳すとわかり易いのかもしれない。璧とは宝珠の事で
あり、宝珠は古来、中国人が愛好し珍重してきた宝石で、我が身に納め
る大事なものとしての壁だと。

また周の時代の詩歌を集め、戦国時代に編集された『詩経』に登場する
有名な話に「他山の石」というのがあり「他山の石を以って玉を攻むべ
し。」とあるのは、取るに足らない他山の石であっても、我が玉(玉壁)
を磨く石にもなるという意で、人というものは常に懐(心)に大事なも
のを潜ませているものだというもので、その懐の壁を奪われた阿闍梨は、
その嘆きが極限に達しているのがわかる。

>挿頭の花を嵐にさそわれしおもひ、

更に日本の古来、花見の席に於いて、女性が男の前で挿頭として桜の
花を飾るという事は、男女の交わりの合意を現すものだった。花とは大
抵の場合”桜”を現し、その挿頭の花とは男女の仲の比喩的表現でもあ
るので、ここで阿闍梨の歎きは、やはり性的な相手を失った悲しみを表す
ものとして強調する文章だったのだろう。
[PR]
# by stavgozint | 2008-06-17 15:20 | 「青頭巾」